インプットしたいという欲が出てきました。
あまり突っ走りすぎず、自分の歩幅で
これからをどう進むか考えていきたい。
そのための、ちいさなちいさな第一歩。